北京の読み方-中国北京市

北京市(ペキンし)は、中華人民共和国の首都であり、中国の最高権力機関である中国共産党中央委員会の所在地。中国の東部、河北省の中央に位置する。古くは大都・燕京・北平とも呼ばれた。現在の行政区画としては直轄市である。面積は日本の四国に相当する広がりを持つ。人口は直轄市の重慶、上海に次ぐ中国第三位の都市であり、アジアを代表する世界都市である。

中央官庁が集積している他、紫禁城や天安門広場、庭園、古くから市民の居住する街並みである胡同などがあり海外からの観光客も多く訪れる都市である。2008年8月8日 - 8月24日に夏季オリンピック(北京オリンピック)が開催された。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照


中国北京市<北京の読み方

北京の読み方
日本でよく知られているペキンという読みは中国南部の方言の唐音に由来する歴史的な読み方である。 江戸時代の書物(江原某『長崎虫眼鏡』など)では、「北京」のふりがなは「ほつきん(発音はホッキン)」となっている。 現在の中国標準語では B?ij?ng(ベイジン)と読まれている。 中国南部方言と欧米各国における読み方も様々であるので以下に紹介する。

BakGing(広東語) - パッキン
Beijing(英) - ベイジン(かつては英語圏でもPeking ペキンということの方が多かった)
Pekin(西) - ペキン
Pekin(仏) - ペカン
Peking(独) - ペキン
Pechino(伊) - ペキーノ